ストレッチで脚のセルライト対策

ストレッチで無理なくじっくり脚やせしましょう。ダイエットをするにあたり、やはり気になるのはウエストと太ももでしょう。脚やせすると全体の印象が変わってきます。

ダイエットが成功してウエストが引き締まってきても、脚やせを失敗するとパンツのサイズが落ちません。せっかく締まったウエストを披露したくても、その下に続いているのがむちむちの太ももでは…。

やはり脚やせは夏前にこなしておかなくてはならない重要課題ですね。しかし、脚やせはなぜこんなにも難しいのでしょう。一生懸命ダイエットをしても、太ももはなかなか痩せてはくれません。

その原因は実は太ももに詰まったセルライトにあったのです。セルライトとは肥大した脂肪細胞同士がくっついて、老廃物ごとコラーゲンに包まれたものです。

もとは水分が溜まったむくみだったものが習慣化し、次第に固くなってとれなくなっていきます。セルライトができる原因には血行不良やホルモンバランスの崩れ、運動不足やストレス、乱れた生活習慣などが挙げられます。

女性は冷え症やむくみで悩むことが多いですが、これも原因になります。さらにきつい下着や衣服で体を締め付けると、血液やリンパの流れが滞ってセルライトが造られてしまうのです。

一度つくといくらダイエットをしてもなかなか落ちません。脚やせの邪魔になるばかりでなく、代謝や脂肪燃焼を妨げるためダイエットの敵にもなるのです。

こんな憎いセルライトを撃退するには、血行やリンパの流れを改善することが大切なのです。まず半身浴などで体を温めます。もし冷え症だという自覚があるなら腹巻きや靴下など体を冷やさないように気を付けます。

スポンサードリンク


脚やせストレッチのやり方

体を温めると代謝がよくなります。そこで血行やリンパの流れを良くするために、ストレッチを行いましょう。ストレッチをすることで筋肉が動き、血行やリンパの流れを促進させてくれるのです。

朝晩たった3分行うことで、脚やせできるストレッチもあります。朝一番には寝ている間にたまった老廃物を流し、寝る直前には1日にたまった老廃物を腎臓で処理してもらいます。

まず脚の裏、ふくらはぎの筋肉を伸ばします。ゆっくりと背筋を伸ばして行います。さらに脚を前に持ってきてかかとを床につけ、頭を中に入れて脚裏と背中を伸ばします。

次にひざまずいた状態から後ろの脚をぐんと伸ばします。股関節が伸びるのを感じながらゆっくり伸ばしましょう。最後に同じ状態で後ろに伸ばした脚と同じ方の手を後ろに引き上げ、背中をそります。

これらで脚の裏側と股関節を伸ばしていきます。筋肉をゆっくり伸ばしてリンパの流れを良くするためのものなので、自分のペースで行いましょう。片方が終わったらもう片方も同じように伸ばします。

温めた体でじっくりとストレッチを行えば、脚やせだけでなく全身の代謝もあがります。脚やせした綺麗なボディで夏を迎えるためにも、ストレッチ頑張りましょうね。


スポンサードリンク


| 脚やせの方法 |

エステティック
- サイト運営方針 -
管理人HN:モットー・スリム
下半身・太もも・脚やせ・ふくらはぎ 太もも、ふくらはぎ、脚やせといった「下半身ダイエット」は部分やせとなるため難しいといいます。 けれどもエクササイズや運動、リンパマッサージを組み合わせて行う下半身ダイエットの効果が出てきます。 このサイトでは下半身のダイエットについて役立つ情報をお届けしています。皆さまのお役に立てればと思っています。