ふくらはぎと太もものダイエット

ふくらはぎと太ももをダイエットによって細くすることは、実際問題としてとても難しい課題となっています。なぜならば部分痩せになるからです。部分痩せでは通常の体重減少だけでは、ふくらはぎや太もも痩せの効果は得にくくなっています。

ふくらはぎや太ももといった下半身をダイエットを実現するためには、食事制限ではなくマッサージやエクササイズなどの運動効果を取り入れなければなりません。食事だけで痩せることができないのが一つのハードルとなっていますね。

スポンサードリンク


ふくらはぎと太ももにはクッション式ダイエット

ダイエット方法としてお勧めできるのが下半身クッション式ダイエットと呼ばれるものです。これは一般的によくあるクッションを用いて行うエクササイズになります。

クッションは柔らかいというイメージがあってダイエットには程遠い存在に思われがちです。けれども弾力があるため、その反作用を身体が受けるため自然とエクササイズとなるため、押すだけでも良い運動になるのです。

やり方は簡単で、まず、やや厚みがあって伸縮性が強いクッションを用意します。45cm程度の正方形のものが、太ももやふくらはぎにはお勧めできるでしょう。

エクササイズの方法はまず床に座って内ももにクッションを挟んで全力でクッションを3秒程度押さえます。

次に一旦力を抜いてまた押すという繰り返しです。

これを10回程度繰り返しましょう。

次に仰向けに寝てふくらはぎにクッションを挟み足を持ち上げます。直角になるくらいまで持ち上げたら真上に伸ばして戻すという繰り返しを行います。

10回程度上げ下げし2〜3セット繰り返しましょう。

太ももやふくらはぎをホッソリとさせるためには筋肉を程よく付けるのが一番なのです。

筋肉がつきすぎると硬くなってしまい女性らしさがなくなってしまうので量は程ほどにして下さい。運動が終わった後にはマッサージをしてよく揉み解しておきましょう。

ウォーキングでふくらはぎと太もも痩せ

またウォーキングもお勧めできるダイエット方法になります。ウォーキングは有酸素運動の代表的存在でもありジョギングより簡単に出来るので長く続けられます。

脂肪燃焼効果が高まり歩くことで足の筋肉をバランスよく付けながら痩せることができます。脂肪燃焼は運動を始めて15分程度しないと起こらないので最低30分は歩きましょう。

朝食前に行うのが一番効果的です。ウォーキングなら気になる太ももやふくらはぎだけでなく全体的なダイエットにも成功することが出来るでしょう。

いずれにしても即効性を求めるのではなく長期的に見て行うことが重要です。1週間で結果は出ないかも知れませんが1ヵ月後には必ず結果が出ています。

サイズダウンを確認するためにもダイエットを始める前には各部位のサイズを測っておきましょう。その方が励みにもなると思います。

サイズは1週間ごとに測りなおすと良いかも知れませんね。


スポンサードリンク


| ふくらはぎダイエット |

エステティック
- サイト運営方針 -
管理人HN:モットー・スリム
下半身・太もも・脚やせ・ふくらはぎ 太もも、ふくらはぎ、脚やせといった「下半身ダイエット」は部分やせとなるため難しいといいます。 けれどもエクササイズや運動、リンパマッサージを組み合わせて行う下半身ダイエットの効果が出てきます。 このサイトでは下半身のダイエットについて役立つ情報をお届けしています。皆さまのお役に立てればと思っています。