下半身ダイエットの運動

下半身ダイエットには運動が最適です。食べ物などの食品では、かなり難しくなります。下半身は非常に肉がつきやすく、それでいて痩せにくいといわれています。ですから、一度下半身に肉がつくと運動で余分な脂肪を落とすやり方が適切になりますね。ただ、下半身などの部分痩せは、ダイエットに時間がかかるので、即効でスリムになるのはなかなか大変だと思います。

ところで「自分は痩せているから」といっても安心はできないのが下半身です。上半身が痩せていても、太っている人もいます。これは、セルライトと呼ばれる皮膚の表面にできるボコボコしたものが作用するからです。

セルライトは体型に関係なく、食生活の良し悪しでも出てくるものです。ですからセルライトが多くなると、いわゆる「隠れ肥満」となる可能性もでてくるので注意してください。

スポンサードリンク


骨盤矯正で下半身ダイエット

ではその痩せにくいといわれている下半身は、どのようにすれば痩せられるのでしょうか。下半身ダイエットでもっとも効果があるとされている運動は、ズバリ、骨盤矯正です。最近流行っているのでご存じの方もいらっしゃると思います。

この骨盤矯正の方法は、身体を支えている骨盤や骨格の歪みを解消することで、下半身ダイエット効果も得られるといったやり方です。

骨盤矯正で有名なのはMicacoさんのインスパイリングエクササイズですね。女優竹内結子さんも産後太りをこのインスパイリングエクササイズで解消しました。

ほかにもヨガやピラティスなどが下半身ダイエットに効果的といわれています。いくつかのバリエーションもあることからわかるように、下半身ダイエットには骨盤矯正が最適ということですね。

腕組みストレッチで下半身ダイエット

盤矯正はとても簡単で手軽にできる下半身ダイエットの運動法になります。外に出て激しい運動をするのは億劫だという方、なかなか時間がとれないという方にもおすすめの運動です。

じっくり時間をかけておこなうものから空いた時間にちょっとできるものから種類もさまざまです。簡単にできる「腕組みダイエット」で下半身を痩せる方法をここでは簡単に紹介いたします。

1.まず最初に足を閉じます。

2.次に両腕を後ろで組み、そのあと組み替えます。組んだままの状態ではおこなわず、腕を組み替えることがポイントになります。この状態を保ったまま左右の首を10秒かけてまわします。このとき腰辺りに痛みを感じたら骨盤が歪んでいる証拠です。

3.ほかにもこの状態のまま腰をまわしたり捻ったりを10秒かけておこないます。もちろん痛いと感じれば歪んでいます。

腕組みダイエットによる方法はほんとうに簡単でにできますし、家事の合間にもできますから、ぜひやってみてください。ちなみに後ろで腕を組みにくいという方は無理をせず、組める範囲で組むことがポイントになります。

毎日やり続けると骨盤が矯正されて、後ろで腕を組むことも楽にできるようになります。ですので、楽に腕組みができるまでは無理はしないほうがいいですね。

下半身ダイエットの運動にはいろいろなやり方がありますが、骨盤を矯正するのが一番ですね。激しい運動でしんどい思いをするよりも、かなり楽な方法になりますね。ぜひとも挑戦してみてください。


スポンサードリンク


| 下半身痩せ |

エステティック
- サイト運営方針 -
管理人HN:モットー・スリム
下半身・太もも・脚やせ・ふくらはぎ 太もも、ふくらはぎ、脚やせといった「下半身ダイエット」は部分やせとなるため難しいといいます。 けれどもエクササイズや運動、リンパマッサージを組み合わせて行う下半身ダイエットの効果が出てきます。 このサイトでは下半身のダイエットについて役立つ情報をお届けしています。皆さまのお役に立てればと思っています。