下半身ダイエットのエクササイズ

下半身ダイエットのエクササイズの代表としてすぐに思い浮かぶのは「骨盤体操」が最近は多いかもしれません。もっともこれはエクササイズで脂肪を落とすというよりは、骨盤を矯正して体の中から健康体になり、たるんだお肉を締めるというイメージです。

日本人はいわゆる洋ナシ型体型といわれ、上半身に肉がつきにくく下半身につきやすいというタイプの方が少なくないようです。いわゆる安産型とも言われます。最近の女性は「安産も大事だけど、スタイルもそれ以上に大事」という方が多いようです。

ただ、ダイエットすることによって、他の落ちてほしくない体の部分まで及んでしまうのは怖いところです。そこで部分痩せに効果のある方法が待ち望まれるわけです。

スポンサードリンク


下半身ダイエットエクササイズのあれこれ

バストや元々顔が小さくコケたように見える女性にとっては、これ以上、脂肪が落ちてしまうのが嫌だという思いから、なかなかダイエットに踏み切れない方も少なくないようです。

下半身ダイエットは「すぐさま太もものお肉がなくなる」といった画期的なものではなく、長期的なものとしてとらえた方が良いでしょう。つまり「筋肉を鍛えて、脂肪のつきにくい身体に改造する」といった感じですね。

ですので、下半身ダイエットには同時に上半身を鍛えるエクササイズも必要となります。下半身ダイエットしたいとお考えの方の中には、上半身にはちっともお肉かつかないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?土台となる筋肉がなければバストも育ちませんし、バランスの良い美しいボディも手に入りにくいかと思います。

下半身ダイエットに最適なのは「骨盤」を回したりするエクササイズになります。この方法なら、余分な脂肪を落とさずに、骨格を調整するやり方でやせることができますので、安心できるかと思います。

この他には、「ダンベル」を使った下半身エクササイズもあります。また部分やせで手っ取り早いのは「脂肪吸引」になります。しかし脂肪吸引は、お金もかかりますし、時間も必要になります。制約事項がありますので、できないという方もいらっしゃるようです。

ダンベルを使ったエクササイズ

エクササイズは正しいやり方を身につけることがまず先決で、呼吸やタイミング、力の入れ具合などでその効果が何倍にもなるようです。同じ十回ずつやるにしても、二週間続けたときの効果がまったく違ってくるようですね。

今回はダンベルをつかった下半身ダイエットエクササイズの方法を紹介したいと思います。やり方は、

1.まずダンベルを持った手を腰に当てて立ちます。普段運動不足の方は、身体に余計な負担がかかる恐れがあるため、最初はダンベルを持たずにやってみるのもいいでしょう。

2.次に右足を前に大きく出します。この時、右足の膝がくるぶしの上にくるようにします。

3.次に右足に力を入れて息を吐きながら最初の姿勢に戻ります。左足もこの要領で行います。

これを左右交互に5回ずつ行います。

下半身ダイエットエクササイズに関しては、いくつもの書籍が出ているようなので、添付のDVDを見ながら行っても良いでしょう。早く効果を出したいからといって、身体に負荷をかけるとケガをする恐れもありますので注意して行ってください。


スポンサードリンク


| 下半身ダイエット |

エステティック
- サイト運営方針 -
管理人HN:モットー・スリム
下半身・太もも・脚やせ・ふくらはぎ 太もも、ふくらはぎ、脚やせといった「下半身ダイエット」は部分やせとなるため難しいといいます。 けれどもエクササイズや運動、リンパマッサージを組み合わせて行う下半身ダイエットの効果が出てきます。 このサイトでは下半身のダイエットについて役立つ情報をお届けしています。皆さまのお役に立てればと思っています。