ふくらはぎダイエットと部分痩せ

ふくらはぎや太ももは普通のダイエットだけではなかなか痩せることが出来ません。部分痩せとして集中してふくらはぎだけをダイエットすることで痩せる効果を得ることができます。

たまに全体を見ればぽっちゃりしているのにふくらはぎだけは細いというアンバランスな体型をした方を見ることがありますよね。

あれは部分痩せに成功しているかなどの理由から細くなっていることが多いですね。とはいいましても、ふくらはぎは、筋肉の関係もあってなかなか痩せにくい部分です。ですから効果的にダイエットするのが重要となります。

ふくらはぎダイエットの方法

ところでふくらはぎが太いのには、「脂肪や筋肉が固まっている」場合と「むくみで腫れている」場合とがあります。昔スポーツをしていたというのであれば筋肉が固まって太って見えることが多くなります。しかし一般的にはむくみで腫れているように見えるケースが多くなります。

ふくらはぎダイエットの方法は

1.ストレッチ(またはエクササイズ)
2.マッサージ

による2種類の方法があります。もちろん2つを併用して行っても良いですね。

まずストレッチの方法を紹介しますが、このやり方は最初、屈伸から入ります。曲げ伸ばしをすることで筋肉の緊張を解くことが出来るのです。

次にかかとの上げ下ろしです。これは足首も一緒に細くなるのでお勧め出来ます。毎日30回程度を行うようにしましょう。自分のペースに合わせて数は調整して下さい。

階段を使って昇降運動やウォーキングなんかもふくらはぎダイエットとしてお勧めできるやり方ですね。ただ、どのやり方もでそうすが、ストレッチが終わった後は必ずマッサージをしてコリをほぐしましょう。

ふくらはぎのマッサージの方法ですが、これはボディクリームなどを塗って滑りを良くした後に、下から上に向かって摩り上げましょう。手のひら全体でふくらはぎを包み込むようにして摩り上げます。

触っていると硬い部分、脂肪が付いている部分が分かると思うのでその部分については集中的に行いましょう。毎日続ければ驚くような結果が出ると思います。また、温湿布などを貼って血行の流れを良くすることもダイエット効果を促進させます。

ふくらはぎダイエットの注意

ところでふくらはぎダイエットに集中するのは良いのことですが、ふくらはぎだけでなく足首や太もも、またウエストなんかのエクササイズも行うといいですね。といいますか、実際問題、必要になってきます。

なぜならば、人間の身体は全体的なバランスが重要となっていて、ふくらはぎが細くても、一部分だけが細いままであれば、結果的にはアンバランスになってしまうからです。

ですから、見た目にもバランスは重要になってきます。ふくらはぎダイエットを行う上でも、身体全体のバランスにも注意して行っていくのが一番いいですね。

足が綺麗になればミニスカートやショートパンツなどの流行のスタイルも思い切って挑戦出来ると思います。ぜひ、ダイエットを行って美しい足のラインを目指して頑張りましょう。

ふくらはぎダイエットのIKKOさん

やせると評判のふくらはぎダイエットについて色々と紹介していこうと思います。ふくらはぎダイエットは美容家のIKKOさんも推奨している方法ですですね。

IKKOさんを見てもやせるという効果が絶大なことが分かると思います。下半身太りで悩んでいる方には効果的なダイエット方法と言えますね。

ふくらはぎダイエットは、要はリンパマッサージをすることです。リンパの流れに沿ってマッサージをすることで、より高くやせる効果を得ることができます。

ふくらはぎが痩せない原因

ところでふくらはぎが太くなるのは、むくみが溜まっているのが原因と、もう一つは脂肪が固まっているのが原因の2種類があります。大事なことは、それぞれの原因によって、痩せる方法も異なりますので、まずは自分のふくらはぎがどのタイプ(原因)なのかを見極めましょう。

むくみが原因の方の場合は、静脈が浮き出てパンパンに腫れているのが特徴です。腫れている状態ですが、これが足首のところまで全体的に腫れているはずです。ですので見た目ですぐに分かるでしょう。

脂肪が硬くなったり、筋肉が付いている場合は、触るとすぐに分かります。明らかにボコっとした塊があるのに気づくはずです。これが特徴です。

ふくらはぎダイエットでやせる方法!

ところでふくらはぎダイエットの方法ですが、これは「めん棒」を用いてると簡単に行うことができます。
めん棒は100円均一でも購入できますのですぐに入手できるでしょう。30cmくらいの長さのめん棒を用意してくださいね。

準備ができたらお風呂上りにリンパマッサージを行います。ボディクリームを塗って行うと肌もスベスベになりますしすべりが良くなるのでやりやすくなりますね。

やり方は、まず右足を立てて左足は伸ばした状態にします。足の裏をめん棒の先で10秒程度押したら足首の裏を3回下から上に向かって擦ります。

次にふくらはぎ部分を下から上に向かって5回程度さすり上げましょう。

5回目で上に来た時にそのまま膝の裏を通して太ももに流します。

ふくらはぎダイエットではこの作業によって、やせる効果をアップさせます。

ふくらはぎだけをやせると思うのであればここで止めても構わないのですが、太ももも痩せもついでに行っておくと一石二鳥ですね。

太ももダイエットを同時に行う方法

太ももの裏側も今度は上からお尻に向かって5回程度さすります。最後はお尻に流しましょう。

右足が終われば左足を同様に行います。

この方法、やせると実感できるのは早い人では、翌朝から遅い方でも1週間です。即効性がありますのでちょっと続けるとサイズダウンすると思います。

むくみが溜まらないようにするためにも寝る時は足の下にクッションなどを敷いて少し高くして眠ると朝足がすっきりしています。マッサージはお風呂に入っている時にも併用して行うとやせる効果を早く実感できるでしょう。

お風呂の時は湯船の中で下から上にさすり上げる程度で十分ですからふくらはぎダイエット続けていきたいですね。。

脚痩せふくらはぎダイエットの方法

脚痩せの方法としてふくらはぎダイエットが話題となっています。リンパの流れをよくすることで驚くような効果を得ることができるのです。

IKKOさんが脚痩せの方法として取り入れているものでウォーキングを組み合わせると更に効果が増進されます。

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれている場所であり心臓の動きもコントロールする大事な器官であると言えます。血行改善のためにもふくらはぎダイエットは最適なのです。

全体的なダイエットと違いふくらはぎダイエットでは脚痩せだけに効果を得ることができます。全体的にはふっくらとしているのに足だけが痩せているという方を見かけることがあるでしょう。

足は別物としてそれだけで痩せることができる部分です。下半身だけ痩せたいという方にもお勧めできるのがふくらはぎダイエットです。

脚やせふくらはぎダイエットの簡単な方法

1.立つやり方
簡単な方法は、立っているだけというやり方です。これは人間は立っているだけでも十分にカロリーを消費しているため、立ち方によって脚痩せを実現させるやり方も可能という理屈です。

やり方は簡単で、顎を引いて立ち、そして背筋を伸ばし両足を肩幅程度に開いて立つだけです。これだけで効果が得られます。いたって簡単な方法ですが、ふくらはぎと足全体にかかる力が均等になるので、効果的に脂肪を燃焼させることができます。

2.オイル・クリームを使ってマッサージする方法
またこのときにマッサージを加えることと、より簡単にふくらはぎダイエットをが可能になります。用意するものはベビーオイルやボディクリームです。

それを足全体に塗ってふくらはぎを下から上に向かって摩りあげます。この下から上に向かってというのが重要なポイントになります。

リンパの流れは下から上に向かっているのでそれに沿って行わなければならないのです。反対に行うとむくみなどが生じて逆に太くなってしまいます。

3.脚を温めるやり方
それから足を冷やさないようにすることも重要です。冬に短いスカートやショートパンツを素足で履くこともあると思いますが外出から帰ったらすぐに温めましょう。

温かい飲み物を飲むのも効果的です。温めることで血液の循環がよくなり新陳代謝も活発になります。そうすれば脚痩せ効果も促進されるでしょう。

脚やせふくらはぎダイエットのエクササイズ

4番目の方法として、簡単なエクササイズやストレッチもお勧めです。これは、マッサージを行いつつも筋肉をつけていくことに焦点を当てています。

方法としては

1.まず両足をぴったりとくっつけた状態でかかとを上げ下げします。

2.次につま先を開いた状態で上げ下げ、つま先をつけてハの字を作った状態で上げ下げします。

以上になりますが、これを毎日それぞれ10回程度繰り返すだけでも筋力がついて、美しい足に作り上げることができます。ここで紹介した1~4の方法を組み合わせると究極の脚痩せができると思います。

ふくらはぎダイエットはもちろん重要ですが足全体を痩せることも重要だと思います。ふくらはぎダイエットと合わせて足首や太ももも一緒に痩せるようにしましょう。

これらのストレッチとマッサージは足首や太ももにも効果絶大です。

ふくらはぎと太もものダイエット

ふくらはぎと太ももをダイエットによって細くすることは、実際問題としてとても難しい課題となっています。なぜならば部分痩せになるからです。部分痩せでは通常の体重減少だけでは、ふくらはぎや太もも痩せの効果は得にくくなっています。

ふくらはぎや太ももといった下半身をダイエットを実現するためには、食事制限ではなくマッサージやエクササイズなどの運動効果を取り入れなければなりません。食事だけで痩せることができないのが一つのハードルとなっていますね。

ふくらはぎと太ももにはクッション式ダイエット

ダイエット方法としてお勧めできるのが下半身クッション式ダイエットと呼ばれるものです。これは一般的によくあるクッションを用いて行うエクササイズになります。

クッションは柔らかいというイメージがあってダイエットには程遠い存在に思われがちです。けれども弾力があるため、その反作用を身体が受けるため自然とエクササイズとなるため、押すだけでも良い運動になるのです。

やり方は簡単で、まず、やや厚みがあって伸縮性が強いクッションを用意します。45cm程度の正方形のものが、太ももやふくらはぎにはお勧めできるでしょう。

エクササイズの方法はまず床に座って内ももにクッションを挟んで全力でクッションを3秒程度押さえます。

次に一旦力を抜いてまた押すという繰り返しです。

これを10回程度繰り返しましょう。

次に仰向けに寝てふくらはぎにクッションを挟み足を持ち上げます。直角になるくらいまで持ち上げたら真上に伸ばして戻すという繰り返しを行います。

10回程度上げ下げし2~3セット繰り返しましょう。

太ももやふくらはぎをホッソリとさせるためには筋肉を程よく付けるのが一番なのです。

筋肉がつきすぎると硬くなってしまい女性らしさがなくなってしまうので量は程ほどにして下さい。運動が終わった後にはマッサージをしてよく揉み解しておきましょう。

ウォーキングでふくらはぎと太もも痩せ

またウォーキングもお勧めできるダイエット方法になります。ウォーキングは有酸素運動の代表的存在でもありジョギングより簡単に出来るので長く続けられます。

脂肪燃焼効果が高まり歩くことで足の筋肉をバランスよく付けながら痩せることができます。脂肪燃焼は運動を始めて15分程度しないと起こらないので最低30分は歩きましょう。

朝食前に行うのが一番効果的です。ウォーキングなら気になる太ももやふくらはぎだけでなく全体的なダイエットにも成功することが出来るでしょう。

いずれにしても即効性を求めるのではなく長期的に見て行うことが重要です。1週間で結果は出ないかも知れませんが1ヵ月後には必ず結果が出ています。

サイズダウンを確認するためにもダイエットを始める前には各部位のサイズを測っておきましょう。その方が励みにもなると思います。

サイズは1週間ごとに測りなおすと良いかも知れませんね。