簡単な下半身ダイエットの方法

女性にとって、下半身太りは天敵です。また太りやすくなるのがこの部位です。女性で実際にダイエットを行っている、あるいは興味があるという方はの大半は、お尻周りや太ももなどの下半身の部分のようです。

また太ももやお尻の辺りに悩みを抱えている方が多いようです。しかし、いったん下半身についてしまったぜい肉は、なかなか落ちにくいため困ったものになりがちです。

もしも、下半身ダイエットが簡単に行えて、しかも高い効果を望めるとしたらどう思われるでしょうか?そんな簡単にできる方法があるの?と思うかもしれません。

しかし簡単にできる下半身ダイエットは何種類かの方法があります。ただし一つだけ条件があって、毎日継続して行うのが大前提になります。ですので、続けることが大事になってきますから、無理をしないで気長に気楽に行っていくことが秘訣になります。

踏み台昇降で簡単に下半身痩せ

手軽にできて、わりとすぐに効果を得ることができる簡単下半身ダイエットの方法を紹介します。

それは「踏み台昇降ダイエット」です。これは、知っている人は知っているやり方ですが、じつは簡単で、自宅でも充分に楽々できるやり方です。しかも、お金もかからないためともて魅力のある方法なのです。

やり方は本当に簡単で、階段や段差を利用して、上ったり下りたりを繰り返すだけのエクササイズになります。これだけです。

けれども実際に行うと、踏み台昇降はかなり下半身に負荷のかかる運動であることがわかります。かなり息が上がってくるのを実感するでしょう。

このダイエットのコツは、まず最初は段差の高さを高くしないで、15センチ以内にすることです。ここがポイントですね。ですので、階段を使わないで、要らない雑誌を重ねてガムテープで止めて踏み台を作成すれば、それで充分です。

昇降運動に慣れてきたら、高さを15㎝以上にしてもいいでしょう。また、最初から無理をして急激に運動をすると、体に負担をかけてしまいます。簡単なようで運動量のあるのが踏み台昇降です。

またあまり急いで行うと、逆に脚にしっかりとした筋肉がついてしまいます。美容の観点からしても、あまり望ましくはありません。ですので、踏み台昇降運動の最初は、簡単にはじめられる高さで試すことをおすすめします。

片足立ち下半身ダイエット

腰回しと片足立ちのやり方は、下半身ダイエットの中でも楽なものとしてお勧めできる方法になるでしょう。

片足立ちダイエットは背筋を伸ばして立ち片足を上げるだけという、本当に簡単な方法です。左右合わせて毎日5分程度行うだけで良いといいます。

片足立ちは、太もも、ふくらはぎ、足首と足全体の筋肉を使うので、抜群の筋力アップにもなります。さらに小尻効果もあるので、下半身全体がスッキリとする効果が得られます。

下半身ダイエットを一週間で達成する方法

下半身ダイエットを一週間で達成させる方法があります。そこでメニューやスケジュールの一例について紹介したいと思います。あくまで参考にしていただければと思います。

そもそも下半身ダイエットはダイエットの中でも特に難しい部分痩せです。ですので、一週間という期間限定で行うためには、少々ハードなメニューになったり、即効性のやり方を続けていくことになります。しかし一週間後に何かデートなどの用事がるとか、写真撮影があるとか、そういった予定がある方には期待のできる部分痩せの方法だと思います。

ヨガによる一週間ダイエット

まず、下半身ダイエットの即効性を期待するなら「ヨガ」が一番効果があります。ヨガの体操で、骨盤の歪みをとります。しかもストレッチ効果もありますし、エクササイズも兼ねていますので、一週間でも結果を残すことができるでしょう。

ぽっこりと出た下腹に効くお勧めのポーズは弓のポーズです。やり方は簡単で、

1.うつぶせに寝て両手で両足の甲を掴んで頭と足をゆっくりと上げていくように行います。

以上になります。お風呂上りや寝る前で体がリラックスしている時がやりやすいでしょう。弓のポーズは、1日3分程度行います。このポーズを行っていると下半身ダイエットだけでなく、便秘の解消も期待でききますので、お通じのよくない方にはおすすめの方法でしょう。

次にヒップアップに効果のアルポースは、ワニのポーズです。この方法は、

1.まず、仰向けに寝て片方の足を胸に引き寄せます。もう片方は床にピッタリとつけておきます。この状態で下半身と上半身を逆方向に捻ります。

2.3秒静止して足を変えて同様にします。

以上になります。これでお尻がきゅっと引き締まって小尻になります。簡単なやり方ですよね。

続いて脚ヤセに効果があるえびのポーズです。

1.まず、うつぶせに寝てつま先を立てます。

2.次に顎の下には腕を置いて片足ずつ上に上げていきます。これを左右10回、2セット以上繰り返しましょう。

このヨガを一週間続ければ確実な効果を望めます。最初はきついかも知れませんが慣れてくると段々と逆に気持ちのよさを感じるようになります。

ヨガは体質改善にも効果的なので一週間と言わずずっと続けることをお勧めします。

一週間・下半身ダイエットの注意点

1週間ダイエットでヨガの方法を行っていくと、早い方だと次の日には効果を実感できるといいます。これらに加えて腰回しやスクワットなどのエクササイズを加えると更に効果がアップします。確実にサイズダウンを希望する方は、ヨガだけでなく、ほかの方法も加えてみるといいでしょう。

ところで、下半身ダイエットには食事制限はほとんど関係ありません。長期的なダイエットであればもちろん食事制限も重要となりますが、一週間という期間限定であれば全く必要ないのです。

もっとも、ヨガや腰回しなどでは、普段この部位の筋肉を使わない人は、疲労がでてくる心配もあります。ですので、自信の無い方は無理に行わないほうがいいかもしれません。

一週間という期間が決められているのでサイズが小さくならなければ焦ってしまうでしょう。しかし、元々、短期間で下半身ダイエットをすること自体がハードルの高いことですので、もしも自信がなければ専門家の指導を仰ぎながら進めていくのがベストでしょう。

ダイエットでは、ストレスを溜めれば余計に希望する結果も得られなくなりますので、メンタル面でもイライラがないように気を付けた方がいいと思います。

下半身ダイエットのエクササイズ

下半身ダイエットのエクササイズの代表としてすぐに思い浮かぶのは「骨盤体操」が最近は多いかもしれません。もっともこれはエクササイズで脂肪を落とすというよりは、骨盤を矯正して体の中から健康体になり、たるんだお肉を締めるというイメージです。

日本人はいわゆる洋ナシ型体型といわれ、上半身に肉がつきにくく下半身につきやすいというタイプの方が少なくないようです。いわゆる安産型とも言われます。最近の女性は「安産も大事だけど、スタイルもそれ以上に大事」という方が多いようです。

ただ、ダイエットすることによって、他の落ちてほしくない体の部分まで及んでしまうのは怖いところです。そこで部分痩せに効果のある方法が待ち望まれるわけです。

下半身ダイエットエクササイズのあれこれ

バストや元々顔が小さくコケたように見える女性にとっては、これ以上、脂肪が落ちてしまうのが嫌だという思いから、なかなかダイエットに踏み切れない方も少なくないようです。

下半身ダイエットは「すぐさま太もものお肉がなくなる」といった画期的なものではなく、長期的なものとしてとらえた方が良いでしょう。つまり「筋肉を鍛えて、脂肪のつきにくい身体に改造する」といった感じですね。
ですので、下半身ダイエットには同時に上半身を鍛えるエクササイズも必要となります。下半身ダイエットしたいとお考えの方の中には、上半身にはちっともお肉かつかないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?土台となる筋肉がなければバストも育ちませんし、バランスの良い美しいボディも手に入りにくいかと思います。

下半身ダイエットに最適なのは「骨盤」を回したりするエクササイズになります。この方法なら、余分な脂肪を落とさずに、骨格を調整するやり方でやせることができますので、安心できるかと思います。

この他には、「ダンベル」を使った下半身エクササイズもあります。また部分やせで手っ取り早いのは「脂肪吸引」になります。しかし脂肪吸引は、お金もかかりますし、時間も必要になります。制約事項がありますので、できないという方もいらっしゃるようです。

ダンベルを使ったエクササイズ

エクササイズは正しいやり方を身につけることがまず先決で、呼吸やタイミング、力の入れ具合などでその効果が何倍にもなるようです。同じ十回ずつやるにしても、二週間続けたときの効果がまったく違ってくるようですね。

今回はダンベルをつかった下半身ダイエットエクササイズの方法を紹介したいと思います。やり方は、

1.まずダンベルを持った手を腰に当てて立ちます。普段運動不足の方は、身体に余計な負担がかかる恐れがあるため、最初はダンベルを持たずにやってみるのもいいでしょう。

2.次に右足を前に大きく出します。この時、右足の膝がくるぶしの上にくるようにします。

3.次に右足に力を入れて息を吐きながら最初の姿勢に戻ります。左足もこの要領で行います。

これを左右交互に5回ずつ行います。

下半身ダイエットエクササイズに関しては、いくつもの書籍が出ているようなので、添付のDVDを見ながら行っても良いでしょう。早く効果を出したいからといって、身体に負荷をかけるとケガをする恐れもありますので注意して行ってください。

下半身ダイエットができるストレッチ

下半身ダイエットに効くストレッチには様々なものがあるようですが、やはり手軽にできて毎日続けられるものが良いですよね。ウォーキングなども下半身ダイエットとして効果的ですが、なかなか続けられないという人も少なくないようですね。

一時期、燃料費が高騰した時などは「自転車通勤」も流行りましたが、今でもその傾向は続いているようです。私の周囲にも自転車通勤している人が多かったですね。当然でしたので、ニュースで「ブーム」と言われてもピンと来なかったのですが、じつは自転車も下半身ダイエットには最適な方法ですね。

ただ、天候に左右されてしまうということと、運動しなれない人がやるとかえって脚腰を傷める可能性もあるということがデメリットですね。夏場なども紫外線が気になるため、中には日傘をさしながら運転している人をたまに見かけますが、これは危険ですので止めた方がいいでしょう。

クッションを利用したストレッチ

自転車はデメリットもありますが、天候に左右されず自宅でできて、かつ毎日続けられる下半身ストレッチには「クッション」を使ったものがあります。今回はこの方法を紹介いたします。

やり方は
1.まず仰向けになって片膝を曲げて立て、足の下にクッションを置きます。

2.次に、両足のつま先をピンと上に向けて、かかとでクッションを押しながらお尻を上げたり下げたりします。この時、両手はお腹の上で組んでおくと良いでしょう。

以上、がクッションを使った下半身ダイエットのやり方です。

クッションを使った下半身ダイエット

クッションを使って行う方法のもう一つです。これは、女性が気になる太もものサイズダウンに効果が期待できるやり方です。

やり方は、まず体育座りの姿勢をとります。

その姿勢のまま、両手をお尻よりも後ろにつきます。

そして、太ももの間にクッションを挟めて、全力で内側に力を入れます。

これを数秒静止させます。

そしてこの体勢をとったまま、10回程度行うのを1セットとして、2回繰り返して行います。

次に仰向けのまま、ひざを直角に曲げます。

それから足首あたりでクッションをはさみながら真上に上げます。

これを10回行い1セットとして、2~3セット行います。

毎日たった2つのエクササイズを行うだけで、みるみるうちに引き締まってきます。

下半身ダイエットは、日ごろ使わない脚やお尻を意図的に使うため、簡単な方法であっても目に見えて効果がでてきます。これがうれしいところですね。

ところでダイエットというと、イメージとしては、過度な運動や食事制限などを行うため、ストレスが溜まるとか、辛いイメージを抱く人が多いようです。

確かに、そういった側面もありますね。痩せるまでに効果が現れる前に、つらくて挫折をしてしまった方もいらっしゃるでしょう。あるいはダイエットのストレスでリバウンドをしてしまった方も。

でもそういった方でも簡単でにできる方法が上記のやり方になります。気楽な気持ちでぜひとも始めてみてください。気負わないことがポイントですよ!

下半身ダイエットストレッチのコツ

クッションを活用したストレッチのコツは、お腹に意識を持っていって(つまり緊張させておきます)、かかとでクッションを押しながらお尻を上げることです。

また片膝を立てると内側のももの引締め効果があるそうで、お尻をあげた状態を3秒間保つこともコツです。ストレッチでは上げ下げを同じ時間をかけて行うとより効果的と言われています。

これは要するに、3秒かけて上げたお尻を、また3秒かけて下に降ろすわけです。たまに「回数が大事」とばかりに早いスピートで行っている人を見かけますが、これでは下半身ダイエット効果はかなり下がってしまいます。とにかくストレッチは、一定時間かけてゆっくりと痩せたい、もしくは鍛えたい部分を意識しながら行うことが大切です。

この下半身ダイエットのストレッチは10回1セットとして行い、1日2~3セット行うと効果的でしょう。テレビを見ている合間でもできますので、CMに入った時に行うというふうにすると続けられるのではないでしょうか?私も面倒くさがりなので、わざわざこの為に時間をとってやろうと思うとなかなか続きません。

でも今のところ、テレビの合間に入るCMの間だけストレッチを行うという方法で長続きしています。ながらだとどうしても意識がいかないのですが、これだと集中もできてなかなかお勧めの方法かと思います。また下半身ダイエットには「骨盤ストレッチ」も有効的なようですので、書籍など購入してお試しになってはいかがでしょうか?

腕組みストレッチで下半身ダイエット

盤矯正はとても簡単で手軽にできる下半身ダイエットの運動法になります。外に出て激しい運動をするのは億劫だという方、なかなか時間がとれないという方にもおすすめの運動です。

じっくり時間をかけておこなうものから空いた時間にちょっとできるものから種類もさまざまです。簡単にできる「腕組みダイエット」で下半身を痩せる方法をここでは簡単に紹介いたします。

1.まず最初に足を閉じます。

2.次に両腕を後ろで組み、そのあと組み替えます。組んだままの状態ではおこなわず、腕を組み替えることがポイントになります。この状態を保ったまま左右の首を10秒かけてまわします。このとき腰辺りに痛みを感じたら骨盤が歪んでいる証拠です。

3.ほかにもこの状態のまま腰をまわしたり捻ったりを10秒かけておこないます。もちろん痛いと感じれば歪んでいます。

腕組みダイエットによる方法はほんとうに簡単でにできますし、家事の合間にもできますから、ぜひやってみてください。ちなみに後ろで腕を組みにくいという方は無理をせず、組める範囲で組むことがポイントになります。

毎日やり続けると骨盤が矯正されて、後ろで腕を組むことも楽にできるようになります。ですので、楽に腕組みができるまでは無理はしないほうがいいですね。

下半身ダイエットの運動にはいろいろなやり方がありますが、骨盤を矯正するのが一番ですね。激しい運動でしんどい思いをするよりも、かなり楽な方法になりますね。ぜひとも挑戦してみてください。

下半身ダイエットができる体操

下半身ダイエットにお勧めの体操を紹介します。これを毎日続ければ確実に下半身ダイエットに成功することができるでしょう。

最初に、下半身は、ただ食事制限をしただけではダイエットすることはできません。ウォーキングしたりして適度に筋肉をつける必要があります。

女性は特に下半身部分に皮下脂肪が付きやすい体質になっています。これは女性特有のもので将来的に子供を産むための自然の摂理というものですね。ある意味仕方のないことですが、でも太りやすくなっています。ですので、痩せたいわけですよね。。

スクワット体操

そこで、下半身ダイエットの体操としてお勧めできる方法の一つ、それはスクワットです。スクワットといってもスポーツ選手がするような本格的なものではなく、簡単に引き締め効果のあるやり方です。

スクワットの基本のやり方は、

1.まず両足を肩幅くらいに開き両手を後頭部に回します。

2.腰を固定したままで上半身を右側に捻りながらしゃがんでいきます。

3.そしてお尻は突き出さないようにして中腰で3秒間キープして元の姿勢に戻りましょう。

4.左側も同様に行います。この体操を10回程度繰り返しましょう。

次にお相撲さんのシコ踏みのようなスクワットです。

1.まず、つま先を外側に向けて大きく足を広げて立ちます。お尻を膝と同じ高さまで落としましょう。

2.これを3秒間キープした後元に戻ります。

この体操も10回程度繰り返します。これで下半身を効果的に引き締めることができます。

足痩せとヒップアップの体操

また足痩せとヒップアップのための下半身ダイエット体操の方法もあります。これは有酸素運動を取り入れながら行います。有酸素運動によって脂肪燃焼効果を高めようというものですね。このやり方は、

1.まず足を肩幅に開いて立ち頭の後ろで手を組みます。

2.背筋を伸ばして上体を前に倒していきましょう。

3.膝は曲げずに視線を前に向けゆっくりと上体を起こします。

この体操は15回行います。

4.次に足を肩幅より少し広いくらいに開き両手を横に広げます。

5.上体を倒して右手で左足の先をタッチします。

6.ゆっくりと上体を起こします。

7.反対側も同様に行います。

これは10回程度行います。

これらの体操を組み合わせて毎日行うようにしましょう。

下半身ダイエットとウォーキング

下半身ダイエットで上記の体操と一緒に合わせて行いたいのがウォーキングですね、これはおすすめです。ウォーキングは足全体を使って行うので、程よく筋肉をつけることもできます。

筋肉といっても、ボディビルダーのようなゴツゴツした筋肉ではなく、しなやかで美しい健康的な筋肉です。
有酸素運動なので脂肪燃焼にも効果があります。

ですので下半身の脂肪を落とした上で必要な筋肉をつけてくれます。この下半身ダイエットは運動は、それほど負担がないので、続けることも簡単でしょう。

なおどの方法も即効性を求めるのではなく、1か月くらいの期間を見て行っていきましょう。それとサイズダウンを確認するためには、サイズはきちんと測った上で続けていくといいですね。

どれだけ自分が痩せたのかも分かります。専門家に指導を仰ぐと、もっと効果的で確実な方法もあるかもしれませんね。

ウォーキングのやり方

ジョギングも下半身を痩せるために効果のある方法なのですが、初心者にはきついのでウォーキングのがお勧めになります。毎日30分程度歩くといいですね。

ウォーキングを行うと筋肉が付くため一時的に体重が増加します。けれどもその後は徐々に減少してきます。そして見る見るうちにふくらはぎが痩せてくるでしょう。

ところでどの下半身ダイエットを行うにしても、事前に必ずサイズを測っておきましょう。そうすることでどこがどれだけ痩せたのかというのを数字で確認することができて、ダイエットに励みが出てきて、継続できるようになります。

ポイントは「続けること」ですので、工夫をしながら頑張っていきましょう。

骨盤矯正で痩せる方法

骨盤矯正にはインスパイリングダイエットや骨盤たたき、骨盤ウォーキングなどがあります。いずれにしても下半身に効果的に働きます。

インスパイリングダイエットはミカコさんが提唱しているもので1日10分程度で効果があらわれる方法です。芸能人が産後の激太りを確実に解消するために取り入れている方法ですね。

骨盤ウォーキングは、テレビ番組のドリームプレス社でも実際に行っている方法ですね。かなりの痩身効果があらわれているようです。骨盤ウォーキングは運動効果が高いので、少しきつい方法になると思います。

インスパイリングエクササイズで骨盤矯正

「自分は痩せているから」といっても安心はできないのが下半身です。上半身が痩せていても、太っている人もいます。これは、セルライトと呼ばれる皮膚の表面にできるボコボコしたものが作用するからです。

セルライトは体型に関係なく、食生活の良し悪しでも出てくるものです。ですからセルライトが多くなると、いわゆる「隠れ肥満」となる可能性もでてくるので注意してください。

ではその痩せにくいといわれている下半身は、どのようにすれば痩せられるのでしょうか。下半身ダイエットでもっとも効果があるとされている運動は、ズバリ、骨盤矯正です。最近流行っているのでご存じの方もいらっしゃると思います。

この骨盤矯正の方法は、身体を支えている骨盤や骨格の歪みを解消することで、下半身ダイエット効果も得られるといったやり方です。

骨盤矯正で有名なのはMicacoさんのインスパイリングエクササイズですね。女優竹内結子さんも産後太りをこのインスパイリングエクササイズで解消しました。

ほかにもヨガやピラティスなどが下半身ダイエットに効果的といわれています。いくつかのバリエーションもあることからわかるように、下半身ダイエットには骨盤矯正が最適ということですね。

腰回しの方法による下半身ダイエット

腰回しはshinoさんが提唱している下半身ダイエットの方法で骨盤矯正効果もありますね。骨盤を正常な位置に戻すことで大幅なサイズダウンと体質改善を目的としているやり方になります。

腰回しダイエットの方法は、背筋を伸ばして立ち、太ももの筋肉を緩め、腰の周りに浮き輪があることをイメージしながら腰をゆっくりと回すようにします。

腰回しは、毎日5分程度行うだけで驚くような結果を残すことができます。早ければ1週間程度で結果を出すことができるでしょう。最低1ヶ月は続けて下さい。

下半身ダイエットとセルライト

下半身ダイエットの妨げになるものとしてセルライトがあります。セルライトはご存じの通り、代謝が低下してできたり、運動不足などが原因で生じるものですね。

セルライトは下半身でも特に太ももとお尻部分に出やすいものです。ボコボコとしたオレンジの皮のようになるのが特徴となっています。

セルライトの中身は脂肪と老廃物の塊です。成人女性の実に8割もの方に見られる現象だといいます。通常、自然に治ることはないといわれ、見た目の悪さが目立つと厄介になってきます。

自然に治らないので下半身ダイエットを行ったとしても、これだけが残ってしまうことがあります。そこでセルライトを落とす方法が必要なわけですね。

セルライトの原因

そもそもセルライトの原因ですが、これは先ほども書きましたが、まず代謝低下によって起きます。代謝低下型のセルライトともいえますが、これは食べないダイエットというのを繰り返し行っていると起きやすくなります。

つまり運動をしないで食事制限だけを行う場合に生じます。食事制限だけでのダイエットを行うと基礎代謝の低い体になってしまい、その結果セルライトが発生するわけです。

この状態のセルライトになった場合は、基礎代謝を上げる他に改善方法がありません。ですので代謝活動が下がってセルライトがついてしまった方の場合は、下半身ダイエットをする前に、基礎代謝を上げる方法を行うのがベストになってきます。

次に運動不足が原因の場合です。このケースでは筋肉量が少ないために脂肪が溜まりやすい体質になっているのが圧倒的に多くなっています。対策法は一般生活の中でなるべく体を動かすようにすることです。

最後に環境要因型のセルライトです。これは冷房の使いすぎによる冷え性や、補正下着による締め付け、ヒールの高い靴を長時間履くことによるむくみなどが原因となっています。

なるべく自然な状態で生活することを心がけるようにすることでセルライトの予防ができます。これらの事は全て下半身ダイエットにもつながってくることですね。

セルライト対策をして下半身ダイエット

セルライトは下半身ダイエットをすることによって予防ができたり対策もできます。けれどもいったんできてしまったセルライトを落とすためには、上記のケースに照らし合わせて対策をしますが、実際は根気強くケアをし続けることになってきます。

セルライトはマッサージを根気強く行って除去する方法があります。またクリニックで脂肪吸引を行ってもらう方法があります。

脂肪吸引の方法もいろいろとあります。ですので自分の状態に合わせて行うことが重要となります。医師と相談しながら話し合う必要もあるでしょう。

マッサージ方法には、リンパマッサージや、セルローラーなどの器具を使って行うやり方があります。

リンパマッサージでは、リンパの流れに沿って効果的にマッサージを行っていきます。

セルローラーは、美容家のIKKOさんもお勧めの器具ですね。たくさんの凸凹が付いたローラーです。今話題のグッズでもあります。これを太ももやふくらはぎ、お尻にコロコロとさせるだけで効率的にセルライトを除去してくれます。

下半身ダイエットはウォーキングや骨盤矯正など、やり方がいろいろとあります。これらの方法と共にセルライト除去にもぜひとも励んでいきましょう。

ポイントは根気よく続けることです。そうすれば改善されていきますよ。もしもどうしても自力では無理な場合は専門家の力を借りて除去に努めてみましょう。

下半身ダイエットができるサプリ

日本人の体形は「安産型」、つまり洋なし型とも呼ばれるいわゆる「下半身デブ」タイプが多いと言われています。ですので日本人の多くは下半身ダイエットはしたいと思っている方がいらっしゃいます。

けれども実際なかなか忙しくてジムに通う暇がない、続ける気力も体力ないという方もおられます。そういう方には「サプリ」が手助けになるかもしれません。

サプリだけで下半身ダイエットが成功するとは思えませんが、少なくとも手助けにはなります。理想とするボディを手に入れるには「食事」「運動」「規則正しい生活」の3つが必須となりますが、これらを補う、支える上でサプリはお勧めできますね。

ダイエットサプリメントで生活も改善

毎日の仕事が忙しかったり、また生来「無精」であったりすると、ダイエットでも目に見える成果がなければキッカケとなりにくいのも確かにありますよね。

特に食事と規則正しい生活はとかく乱れがちなで、残業続きの勤務先でなかなか自分のプライベートな時間を取ることができないというのも、実行できない原因の一つです。そんなときはとりあえずサプリメントがお勧めかもしれません。

たとえばこんな生活です。朝起きて化粧もそこそこに出勤し、朝食は近くのコンビニに駆け込んで買ったカロリーメイトをかじりながらデスクにつく。昼食は気の合う同僚と高カロリーのランチを食べ、定時過ぎても終わらない書類の山と格闘しながらコンビニなどで買ってきた弁当やパンなどを食べる。夜遅くに帰宅してメイク落としも入浴もそこそこに、夜食を食べて眠りにつくという生活。

こういった慌ただしい生活では、痩せるための運動をするといっても、時間そのものを作れません。また規則正しいといっても、リズムを整えること自体が容易ではありませんね。せめて食生活だけでもと思いますが、規則正しい生活ができないのだから、食事を作る時間もなくなってしまいます。

ですので、こういった方々にはサプリメントをとっていただいて、少しでも不規則な生活で不足しがちな栄養補給をして健康生活を送って欲しいと思います。もちろんダイエット目的も兼ねてですが。

サプリメントは、ラムネタイプのようにお菓子感覚で摂取できるタイプがあります。DHCシリーズなどはコンビニでも手軽に手に入ります。でも武田製薬あたりのサプリメントは成分の含有率も高い印象です。

下半身ダイエットにお勧めのサプリ

ところで下半身ダイエットを考えている方の中には、便秘気味の方も多いのではないでしょうか?

いわゆる「お腹ポッコリ」を解消したいという方には、便秘解消に効果のあるサプリメントもお勧めです。下半身ダイエットには脂質の摂取を少なくすることが最大のポイントとなりますので、炒め物や揚げ物などは厳禁としてなるべく野菜を多く取り入れた食生活を心がけると良いでしょう。

下半身ダイエットに適したサプリメントは、糖分や脂肪の吸収を抑える効果のあるものが最適です。また、食欲を抑えるタイプのサプリに関しては、食前30分前に飲むと良いとされています。下半身ダイエットに効果のあるサプリメントは、個人差がありますので自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。